U-15 中学生ユース審判員研修会に参加して

tyuugaku_youth_01

2015年12月23日(祝)に、J-GREEN堺で、U-15 中学生ユース審判員研修会が開催されました。
その参加者の声が届きましたのでご紹介します。


内容

  • 開催日時:平成27年12月23日(水)9:30~
  • 開催場所:J-GREEN堺
  • 研修内容:講義 サッカーの歴史
  • 観戦研修 大阪クラブユース選手権大会 決勝
  • 実技研修 副審(フラッグの活用方法)
  • 担当審判員に対する質疑応答(主審 岩橋氏 副審 北村氏・岡本氏)
  • 参加者:府下中学生15名
  • 指導:
  • 大原氏(強化育成部長)
  • 塩見氏(強化育成部・ユース育成担当)
  • 田中氏(大阪府中体連審判部長)
  • 野口氏(強化育成部員)

感想文

(住吉中学校 2年)

今回の研修に参加して、審判はゲームの内容を決める重要で責任のあることなんだと改めて感じました。またプロの審判を真近見られたり難しいオフサイドの取り方など実際に行って練習をしたり、とても貴重な体験となりました。ので、また研修の機会があったら参加したいし、ぜひいろんな人に来てほしいです。

(加賀屋中学校 2年)

今日僕は観戦研修会に来れたことが、とてもいい機会になったと思っています。高校で2級をとったしんぱんの人たちがきてくれて、とてもよかったです。僕は中2ですが、4級を取ることができるので、機会があればとろうかなと思いました。サッカーは選手も大切ですが、それを支えるしんぱんもすごく大切だと思います。今日話で聞きましたが、昔のサッカーはルールがなくやりたいほうだいでやっていたらしいです。だからサッカーを安全に楽しくやるためには、しんぱんが必要だとおもいました。また研修会があれば行きたいです。

(高槻市立第4中学校 2年)

今回初めて審判として研修に臨みましたが、今回実際の審判団の話をうかがったり、実際の試合のジャッジを拝見させていただいて、改めて自分の審判に対する考え方が深まったし、これから岡本さん(注:副審2を担当)の様に上級の審判になれるように日々頑張っていきたいと思います。


tyuugaku_youth_02

tyuugaku_youth_03